Kobe City Hall Concert


神戸市サイト


敬称略しております。

藤村匡人(バリトン)


画像はランダム表示(reload again)

兵庫県尼崎市生まれ 横田浩和教授の指導を受け、大阪音楽大学 音楽学部声楽学科卒業。1989年大阪音楽大学大学院音楽研究科 オぺラ研究室修了。同年大阪にて初歌曲リサイタルを開催。第26回なにわ芸術祭新人賞受賞。平成元年文化庁国内芸術家研修員。91年第3回JSG国際歌曲コンクール第3位、摂津音楽祭コンクール銀賞、新人音楽コンクール第3位をそれぞれ受賞。93年「兵庫県新進芸術家海外研修員」として渡欧。ウィーン国立音楽大学 リート科(ワルター・モーア教授クラス)、94年より白井光子、ハルトムート・ヘル両教授のもと、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院リート科およびカールスルーエ音楽大学演奏家養成コース・リート科(99年修了)にて「歌曲演奏法」の研修を進める。94年第62回日本音楽コンクール声楽部門入選。96年第4回アルフレード・クラウス声楽コンクール(スペイン)準決勝出場。ワルター・ベリー、ハンス・ホッター、ダルトン・ボールドウィン各氏のマスタークラスを受講。02年シューベルト作曲歌曲集「冬の旅」全曲をはじめ度々リーダーアーベントを開催。オペラでも関西二期会、ザ・カレッジ・オペラハウス等のプロダクション公演にて、ワーグナー「パルジファル」のアムフォルタス役、モーツァルトの「ドン・ジョバンニ」のタイトルロールなど数多くの難役を好演。またゲルハルト・ボッセ氏の指揮のもと、「ロ短調ミサ曲」(J.S.バッハ)、「第九交響曲」のソロを新日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団と共演。これまでに飯守泰次郎、現田茂夫、高関健、阪 哲朗、山下一史各氏等のもと、オーケストラと共演。また昨年(2005年)5月には関西二期会公演R.ワーグナー作曲 オペラ「タンホイザー」にてヴォルフラム役出演。01年第5回松方ホール音楽賞審査員奨励賞、平成15年度坂井時忠音楽賞受賞。


ホームページ:Liedduo Hase-Fujimura Profil


出演コンサート(予定を含む。)

2006/08/16 12:10〜12:45
第38回 夏の便りを歌にのせて
  Liedduo Hase-Fujimura長谷智子(ピアノ)、藤村匡人(バリトン))
1.夏の思い出 2.翼 3.からたちの花 4.セレナーデ 5.夏の夕べ 6.別離と回避

アーティスト紹介

制作:神戸市 シティホールコンサート実行委員会
Supported by OpenCage Systems